出産 お金がない

キャッシングを選ぶ際には利用限度額をチェック|出産のお金がない

高額の借入は銀行を利用する

キャッシングに申し込みをした際、申込書の記入内容と利用者の属性から利用限度額が設定されます。
一部の銀行では利用限度額が最初から150万円程度設定される所もあるようですが、多くの貸金業者では初めは少なめで、特に専業主婦やパート・アルバイト専用のローンを利用すると10万円程度に設定されます。
そのため高額を融資してもらいたい場合には初めて利用する貸金業者は難しいかもしれません。

 

しかし同じ貸金業者で何度かお金を借りて遅れることなく返済し続けていることで少しずつ利用限度額を上げてもらうことができ、一般的に利用限度額が高いと言われている銀行であれば1000万円まで設定してくれる所もあります。

 

一方で消費者金融については総量規制という法律で「既に年収の1/3以上の借り入れがある人は利用できない」と規定されているため、利用限度額も最大で年収の1/3程度が設定されます。
それ以上借りたい場合は銀行のキャッシングを利用した方がよいでしょう。